FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダム工事続行は税金をムダに使うだけ
八ツ場ダム中止 反対署名、5万人超 「地元人口の大半」

 前原誠司国土交通相が建設中止を表明した八ツ場(やんば)ダム建設事業に関し、ダム予定地の群馬県長野原町などの地元住民らが「ダム建設中止の撤回」を求めて始めた署名が、5万人を突破したことが22日わかった。地元住民を念頭に置いた活動だったが、温泉地などを訪れた観光客なども署名に加わった結果、長野原町では人口の約6400人を大幅に上回る1万人超の署名が集まった。(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091123-00000050-san-pol

八ツ場ダムの工事再開は、際限なく膨らむ公共事業費と、土建業に巣食う政治家や官僚の思惑通りになると思いますし、全国に展開するダム事業を今後も同じように展開すると言う事になります。
これまでの紆余曲折した経緯は有ったかもしれませんが、将来を考えればここで一旦断ち切るのが最善の選択ではないでしょうか。
八ツ場ダム工事の再開は、これまでの感情的なシコリと、利権が絡んだ事以外に何があるのでしょうか?
どうしても工事継続を主張するなら、交付税の範囲で行なってはどうでしょうか。
政権が変われば公共工事のあり方も問われるのは当然で、50年以上も前のダム必要論にしがみ付いた根拠なき建設には、反対・中止のどちらの意見でも責任を持った発言と行動が必要だと思います。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。