FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国によつて地球温暖化問題の捉え方が違います。
ポスト京都議定書めぐる作業部会は進展なく終了

 [バルセロナ 6日 ロイター] 2013年以降の地球温暖化対策の枠組み(ポスト京都議定書)について協議していた国連気候変動枠組み条約作業部会は6日、ほとんど進展なく閉幕した。(ロイター)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000469-reu-int

経済発展を考えれば、発展途上国にとっては譲れない問題ですが、先進国や急速な発展を望まない国にとっては、地球温暖化は将来にわたる不安材料です。
政治体制も違えば素養も違うし、そして世界における立場も違う状況では、いくら地球全体の問題とはいえ相互の利益が違ってきます。
地球温暖化への問題だけを論じても、経済での地域格差や国家間関係を考えれば、なかなか決着するのは難しいかもしれませんね。
しかし地球温暖化問題に対しては、なんとか全地球規模での前進的議論が出来ないものでしょうか。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。