FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G4案の狙いは別なところかも?
一方的に偏った動きにはそれなりの対応を=為替で藤井財務相

  [イスタンブール 3日 ロイター] 藤井裕久財務相は3日、トルコのイスタンブールで開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後の記者会見で、為替相場について「一方的に偏った動きが激しくなれば、それなりの対応をとる」と述べ、過度の変動があれば介入も辞さない構えを示した。(ロイター)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091004-00000821-reu-bus_all

あまり極端に為替相場への介入はすべきではないでしょう。
そういう意味では、今回の藤井財務相の発言は当然かもしれません。
各国の産業が、まだまだ建て直しが出来ていない段階では、為替相場の変動はこれからも起こると思いますので、その度に介入していてはとてもではありませんが余計に混乱させる事となるように思えます。
しかしここでG4案が出ると言うのは、中国・ロシア・ブラジルの連携に楔を打ち込むつもりでしょうか?
G4はG7に変わる枠組みの話ではなく、新興勢力への牽制ではないでしょうか。

PR:資格と難易度とランキング
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。