FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊への対策行動は止むを得ないと思います。
海自護衛艦「海賊対処法」で初の警護活動開始 

アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、海上自衛隊の第2次部隊は28日夜(現地時間同日午後)、新たに成立した「海賊対処法」に基づく初の警護活動を開始した。(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000864-yom-soci

海賊対策を本気で行なうなら、武器使用の範囲や敬語の範囲を現実に照らして行なうべきでしょう。
確かに自衛隊法や憲法上の問題はあるものの、海外での活動には必然的にこれまでの法規制の枠組みでは対応し切れません。
時代とともに起こる事態に対応するためには、これまで通りの主張ばかりでは矛盾が生じるのは明らかですから、もっと積極的な議論が必要でしょう。
ただし武力行使や取締り権限など、どのようにすれば日本国憲法の平和理念を損なわないかも考慮すべき必要が有ります。
難しくとも国際社会での役割を考えた場合、これまでの主張だけでは対応しきれない、避けて通れない道ではないでしょうか。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。