FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内での移植が進展しない事が問題です。
いぜん中国でヤミ臓器移植、規制後も邦人17人が手術
  大阪府の非営利組織(NPO)が、中国で外国人への臓器移植が厳しく制限された2007年以降も、17人の日本人患者を仲介していたことが分かった。(読売新聞)
[記事全文]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090206-00000059-yom-soci

ヤミ臓器移植は臓器売買の温床となり、人道上や犯罪としての観点からも決して容認できる事ではありません。
しかしながら、邦人が以前としてヤミ臓器移植に頼る現実も直視する必要があります。
移植を希望する当人やその家族にしてみると、このまま日本で移植手術を待つのには、ほぼ移植を断念するしかないのが現状のようです。
少しでも命永らえたいとの思いは人の持つ正直な気持ちです。
延命を願う人がヤミ臓器に走ったからと言って、簡単に非難する事は難しいのではないでしょうか。
むしろ臓器移植に関する法整備やドナー登録の少なさ、あるいは移植倫理に関する問題など、日本国内の対応の鈍さに一番の問題があると思います。
臓器移植には医学上や倫理面での課題はあるものの、早急な検討と前進を待ち望む疾病患者は多くいます。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。