FC2ブログ
ナニするっちゃ!
世の中の出来事に、たまにボケとツッコミをいれた感想です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業界全体の構図の一旦です。
アニメの下請け 「疲弊」浮き彫り
  取引条件があいまいで、下請け会社は発注内容の変更を押しつけられることもしばしば-。「クール・ジャパン」の代表格として世界から注目される日本のアニメーション産業のこんな実態が、公正取引委員会が23日にまとめた調査報告で明らかになった。経済産業省は世界をリードする産業として育成する方針だが、現場は疲弊している。(フジサンケイ ビジネスアイ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000034-fsi-bus_all

アニメの持つ夢や希望とは裏腹に、現実は厳しいものですね。
しかし世の中アニメーション産業に限ったことではなく、何所の業界でも発注下と下請け、さらにはそれ以降の請負業者の関係は、無謀な条件での契約を押し付けたり、契約内容を一方的に替えることは当たり前で、もっと酷いものになると代金の踏み倒しなんて事もあります。
ただ、世の中では権力を持つ側は、こんなマイナーなところは覆い隠して、常に利益だけを追い求めるているのは、今の世の中では当たり前という現実です。
だから下請けは少しの景気変化で浮き沈みが激しいのです。
別に今更驚くことではないように思えます。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。